読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひきこもりのそとこもり』〜ヒキニート猟師の蛮行記〜

一人暮らし、ダメな25歳。だが猟師だ…

『平沢進』の曲には中毒性と魅力が圧縮されている。

まずはこれを聞いていただきたい。

劇場版versionの映像と。


AMV Berserk Forces HD

 

 

本当はこっちの方が好き。

だって味がある。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=qKBbDOvXN7I


Berserk - Forces AMV

 

ーこの世界には 人の運命をつかさどる 何らかの超越的な 「律」 神の手が存在するのだろうか 少なくとも 人は自分の意志さえ 自由には出来ない ー

  アニメ版ベルセルクオープニングのナレーションより

 

 

アニメ版ベルセルクにて、

この曲、聴きヒラサワを知ったのである。

しかしこの曲、

信じられない事に次回予告の時に数秒しか流れないのだ。

 

 

しかし毎回流れる、数秒間を楽しみにしてしまっていた。

渋いナレーションと合わさって鳥肌もの。

 

 

ついに口ずさむようになってしまって、

ふと検索してみると…

みつけた。平沢進・・・・

 

なんだこれは…他のアーティストにはない、

信者達独特の一体感は…安心感は

数々の書き込みを見てそう感じた。

そこからは僕も平沢信仰を心がけ毎日を過ごした。

 

 

 

ー知り合いの中に、『隠れヒラサリアン』がいる事もあったー

お互いそうと知ると、友情は不動のものとなる。

(二人の心情なるほどお前はそういうやつか。』無言の握手であった

 

 

時は流れ、

彼が横浜から長崎の実家へと帰ることになった前日、

泊まりで引越しを手伝った。

そして、当日…

 

案外あっさりと『またなー』と言って別れた。

原付にまたがると、この曲が脳内に流れていたのでした。

 

そう、この曲は僕にとって

なんとも言えない心境』になった時頭の中で流れ始める。

 

それは深夜、罠の見回りで音ひとつしない

のっぺりとした暗闇の中、山に入って行く時。

 

死にそうな体験をした時。

ブラックな職場で泣きそうな時。

寒い中バイクで走っている時。

トイレで踏ん張っている時。

 

 

hikikomori-hunter.hatenablog.com

 

流れる時は数多く

どうやら、込み上げてくる何かに耐えようとする時のよう

 

まさにベルセルクの主人公、ガッツが絶望の中にいても『もがくよう』に。

それを思い浮かべて頑張ろうとしてるのだと思う。お手本としてね。

 

子供って好きなキャラクター物のTシャツを着るだけで、

いつもより強くなった気がするじゃん?その延長上な気がする。

 

 

 

ーとにかく伝えたいことー

平沢進の曲は、

どんな心境の時にでも聴いてられるのだ。

人って、落ち込んでる時に

 

キャピキャピの元気ソングとか聞くと

あああうるせえな!!って、

温度差に拒絶感を感じてしまうのだけど、

平沢さんは違う。

 

 

落ち込んで黄昏ていると、

気がついたら、背中あわせで座っていて

それでいてこちらには興味をしめさず

ひたすら音楽を演奏してくれる。

 

そして元気がでてくると

ふらっとどこかに消えてしまう。

 

そんな音楽なんですよ平沢進さんの曲は!!

人によっては怖い!って言うんだけど

それは好みだから仕方ないね。

感性の問題ですわ。

 

もし波長が合えばもう一生物、聴き飽きることもない。

それが平沢。

 

紹介したのは思い出の一曲のみですが

 よかったら色々聞いてみてください。

Ash Crow - 平沢進 ベルセルク サウンドトラック集

Ash Crow - 平沢進 ベルセルク サウンドトラック集

 

 

 

BERSERK -Forces-

BERSERK -Forces-

 

 

 

HCD「ベルセルク 千年帝国の鷹篇 喪失花の章 ゲームサウンドトラック」

HCD「ベルセルク 千年帝国の鷹篇 喪失花の章 ゲームサウンドトラック」

  • アーティスト: ゲーム・ミュージック
  • 出版社/メーカー: マリン・エンタテインメント
  • 発売日: 1999/12/15
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 22回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
Aria

Aria