読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひきこもりのそとこもり』〜ヒキニート猟師の蛮行記〜

一人暮らし、ダメな25歳。だが猟師だ…

今日から4日間、野菜と果物ぐらいしか食えない件

 

f:id:hikikomor-hunter:20170226094503j:plain

というのも檜原村の奇祭、【おとう神事】に参加する訳で、

【切り火】と言われるものを4日間しなければならない。

 

他人が火を入れたものや、加工品、一切禁止。

お風呂も自分が沸かしたものしかダメ。

四つ足の生き物は食べてはいけない。(ダシなども同様。)

 とにかく人と火を共有してはいけないのです。

 

そして女人禁制のお祭りなので、切り火の期間中は女性との接触禁止。

たとえ家族であっても、小さな娘さんであっても接触してはいけない。

 

 

その切り火を乗り越えてようやく、おとう神事の御当番として参加できる。

このお祭り最大の見せ場は深夜に行われる禊である。

 

氷の張るような気温の中、ふんどしで川に入り身を清める。

去年参加させてもらった時は、川から出る時に下半身の感覚がなく、

『うお、、、足どこにあるんだ、ちゃんと歩けてるかわからん。』

と、そんな感じになった。

 

 

禊を終えたら火打石で火を起こす、一人3回までうっていい。

もし一周して火がつかない場合は、また川に入り禊をしなくてはならないのです。

 

正直、2回目はやばいと思う。

精神力でどうにかなるのか怪しい。

 

 

 

このお祭り、奇祭と呼ばれているが、

実は織田信長の時代から続いている、伝統的なお祭りなのです。

 

切り火の制約にしても、言ってしまえば自己申告。

ジャンキーざんまいしたとしても、参加はできるかもしれない。

 

けど、絶対後悔するし、そんな覚悟ならやる意味もないと思う。

表向きのことじゃないんですよね。

 

やってみるとわかるけど、

やましいことなく、清々しい気持ちで神事に臨むから意味がある訳で、

もし思うところがあるなら、すごく辛い気持ちで臨むことになるはずで。

 

自己嫌悪に陥ること必至である。

 

 

とても人間らしい、素敵な祭りだと思っています。

 

 

f:id:hikikomor-hunter:20170226094650j:plain

今日はこれから射撃場に行くのですが、

待ち合わせで時間潰し中、ジョナサンでMacbook広げてドヤっています。

メニューが憎い。オムライスが食べたいよ・・・・

 

 

しかしここはサラダを二つ食べて、ここは凌ぐことに。

 

ということで猟師のベジ生活が始まりまする。

ちなみに鳥や魚は食べてええのだ。

冷凍してあるヒヨドリ食おうかな・・・。

f:id:hikikomor-hunter:20170226095047j:plain

そしてカメラ楽しい!!

まだ構図とか全然わからないんだけどね!