google-site-verification: googledf89692a9cbfb0ea.html

『ひきこもりのそとこもり』〜ヒキニート猟師の蛮行記〜

一人暮らし、ダメな25歳。だが猟師だ…

狐を埋葬した話

僕が暮らしている地域には、キツネも生息しています。

そして今日、キツネがよく目撃されている場所で、一匹の狐が轢かれていました。

 

 

その場所は木々が生い茂り、鬱蒼とした場所だったのですが、

老人ホームを作るらしく、工事され、のっぺりとした整備された場所になりました。

 

 

 

おそらく狐の住処が近くにあったのでしょう。

そこが人の手により、荒らされ生活が変わった結果、

今回のように轢かれてしまったのだと思います。

 

 

 

轢かれていたのは小狐でした。

放置されて、ぺったんこになってしまったその狐を見ると、

なんとも言えない気持ちになりましたよ。

 

でも埋葬し、大事なことを思い出させてもらった日でもありました。

子狐に感謝しています。

 

 

 

 

それはそうと、今日埋葬をすることができたのは、

体調不良で仕事を休んだからでした。

 

2日前に鶏を捌き、トークするという事を講師として呼んで頂いた際に、

足を合計15箇所以上ブヨに刺されました。でも子供達は真剣に受け止めてくれたみたいだったので、よかったです。

f:id:hikikomor-hunter:20170723205312j:plain

 

 

昨日は仕事中に脚はパンパンに腫れ上がり、

熱も出て来ました。

 

そして今日はお休みをいただいていました。

 

そんな朝、知り合いの方から「狐が轢かれてる」と電話で目が覚めたのですが

僕は動きませんでした。

 

 

午後、仕事に向かう途中に轢かれた狐を発見した、先輩猟師のOさんに、同じ連絡をもらい、たしなめられました。

「埋めにいってやれ」そう言われ、僕はやっと動きました。

 

そして現場に到着し、10時間以上放置され、轢かれ続けた狐を見て

僕はただただ、静かな場所に埋めてあげたいと思いました。

話だけ聞くのと、目の前にするのではやはり感じるものが違います。

準備している最中も、車は何度も轢いていきました。

もっと早く静かな場所に移してあげられたのにと、後悔しました。

 

 

写真も撮るつもりもありませんでしたが、

僕は動画に残すことにしました。

 

自分が後に見て、その時の気持ちを思い出せるように、

そして、人が見て何か感じてもらえるかもしれないから。

 

間違っているのかもしれませんが、僕は自分が思うようにしたまでです。

ぜひ思ったことを、動画のコメント欄に残していただければと思います。