読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひきこもりのそとこもり』〜ヒキニート猟師の蛮行記〜

一人暮らし、ダメな25歳。だが猟師だ…

ユーチューブに動画投稿を始める事に

カメラを持ってから罠の見回りも楽しいです。

凄いシーンが撮れるかもしれないという気持ちが、

何をするにもプラスになってくれてる。

f:id:hikikomor-hunter:20170218183644j:plain

 

 

おそらく初動画は、

 

知り合いが拾ってきてくださったロードキルたぬきを、

 

リビングで捌いて、食うという、

僕の日常的な内容になっております。

 

しかし、初めてのiMovieの利用というのもあり、

余分な箇所をカットするだけで一苦労。

 

しかし退屈な場所をひたすらカットするだけで、

ユーチューバーぽい動画になってる事に驚きますた。

光景が解体なので違和感しかありませんがね。

 

 

 

いやー、

過酷だよ!ユーチューバーの人はすごいぞ。

マジでバカにできないからね。30分の動画でもかなりかかってるはず。

常にcommand+Bに置いてて、指は痛くなるし。

 

親指痛い。

 

 

 

 

でね、初めて動画投稿を意識した撮影でしたので、

撮ったものを確認するんですが、これ・・・

これ超辛い。

 

何が辛いって、時間を膨大に食う事ですよ。

3時間近く動画撮ったんですが、、、

 

 

撮始めたのがおそらく21時ごろ

終わったのが、   1時

撮った動画を確認して3時過ぎ、

カット作業を始めて、全内容の半分のみで6時過ぎ、、

 

 

今日はついさっきまで寝てました。

カット作業だけでこれって・・・・

 

 

これではまずい。

 

ーーー解決法ーーー

 

撮った動画を確認するってチャートを省く。不安だけど

直で確認と編集を行っていく。

何でもかんでも撮り続けない。※写したいところや喋りたいことにメリハリをつける

 

 

カットすべき場所には無駄な音を入れない。

音の波形を見て作業すると捗るので、静寂に負けてどうでもいいことを喋りすぎない。

これは素の自分でいて良いということなので楽だね。

 

 

 

でも、楽しいですね、こういう作業には時間の経過を感じなくなるほど集中できます。