読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ひきこもりのそとこもり』〜ヒキニート猟師の蛮行記〜

一人暮らし、ダメな25歳。だが猟師だ…

『タヌキの美味しさ』をぶち壊す、あの臭いの『正体と解決策』を確信した。

幾度となく食してきた『タヌキ』ですが、

あの咀嚼がピタッと止まるあの臭い、『ケミカル臭』(僕が勝手に呼んでいます)

 

ついにその正体が判明しました。

 

これからは美味しいタヌキ汁が食べられます。喜べーーーー!!

 

 

今回はさくっと終わらせたので、写真は最初の方だけです。

罠にかかったタヌキ、運ばれてきたときは、湯気が立つほど新鮮でした。

本日、2頭目の解体。

f:id:hikikomor-hunter:20170205235444j:plain

ーー解体講座をしていたーー

 

今日は、ツチヤ講師(ドヤ顔)と男性1名、女性2名で、

罠にかかった、アライグマの解体講座をしていました。

 

 

解体を終えると同時に巻狩りを終えた、(※巻狩り…主に猟友会で行われる猟)

オガワさんスギさんが現れ、しめたてのタヌキが搬送されてきました。

 

 

 このお二人は、僕が日々お世話になっている方々で、

度々ブログに登場していただいています。(勝手に←)

hikikomori-hunter.hatenablog.com

hikikomori-hunter.hatenablog.com

hikikomori-hunter.hatenablog.com

 

ここで女性お二人は帰ることに。

残された、男二人!!

 

『速攻で終わらせます!』(白目)

心で泣きながら、雨で濡れた体を奮い立たせます。

f:id:hikikomor-hunter:20170205235450j:plain

ーーファーストインプレッションーー

 

『うわ!!小柄だけどめっちゃもふもふ。ふつくしい・・・・・』

この子は鞣すしかない。ブレインタンニングでリベンジだ!!

 

hikikomori-hunter.hatenablog.com

 

 

しかし目に飛び込んできたのは、ふぐり様。

『ん?………んん!?』

普段のタヌキはこんなにタマタマ周りがモフモフしていなかった。

f:id:hikikomor-hunter:20170205235511j:plain

おお、これがよく聞く『タヌキのフグリ』か。

と妙に納得してしまった。

f:id:hikikomor-hunter:20170205235500j:plain

ω   『授かりものだ!!』 ※ロードオブザリング好きならわかるあのシーン。

f:id:hikikomor-hunter:20170205235504j:plain

この子の毛皮はボロミアと命名します。

我ながら素晴らしいネーミングセンス。

愛着わくぞこりゃ!!

 

 

 

 

ーーーケミカル臭の正体ーーー

こちらをご覧ください。

見る人が見ればわかるのですが、脂を肉にくっ付けていません。

イノシシをやり慣れてしまうと、無意識に脂を肉に残したくなるのですが、

 以前、『孤独のジビエさん』こと、東雲さんに言われたことを思い出した。

 

脂と肉の間に、くさい原因があるんよ!!

 

f:id:hikikomor-hunter:20170205235530j:plain

まだホカホカで温かかった為か、

ある程度は手で皮と肉を剥がすことができましたので、

男二人でせっせと剥がしていました。

 

すると・・・・・・

『 うおおおおお!!くさいいい!!』

『可愛いのにくさい!!』

『なんだこりゃああああ・・・!』

 『っっっっ!なぜだ笑ってしまう。』

 

突然の衝撃波に不意を突かれ、

笑ってしまう二人。それでも作業は淡々と進む。

 

ーこの現象、少しも不謹慎でもなんでもないことである。ー

人はあまりのショックを受けると、精神のバランスを取ろうと笑ってしまう。

 

 

これを見てくれ、かすかににじみ出る液体を。

f:id:hikikomor-hunter:20170205235525j:plain

 ウエットティッシュで拭ってもまた出てくる。

不用意に手を嗅ぐと、『っく・・・・』

 

これですね。

二人は確信する。

 

半信半疑だった東雲さんの言葉を思い出し、確信する。

肉の方は臭くない。

f:id:hikikomor-hunter:20170205235535j:plain

犯人はヤス!!

ー犯人は脂肪下層部である!!ー

 

 

ーなぜ、今まで気がつかなかったのか。ー

 

 

それは、肉に脂をつけるように剥いでいたからで、

臭いの犯人である脂肪下層は、封印された状態で精肉されていたのだ。

 

そして下層部は表に出ないまま鍋へと投入され、

煮込まれるほどにケミカル汁が広がってゆく。

 

しかし、この成分は揮発性らしい。 

蓋をせずに、じっくり煮込めば気にならなくなる説があるが、

正直、そこまでして食べる脂でも無い気がする。

 

結論・・・肉だけ食べれば美味しい!!

 

 

これからはあの匂いの無い、

純粋なタヌキ汁を食えると思うとわくわくするでござる!!

 

だから、今日は疲れたけどいい一日でした。

『今日に悔いなし!』

 

 

 愛用のナイフはこれ。これのハンドルが黒いversionもあるけどこっちがオススメ。

そっちのは持った感じの感触が好きじゃ無い。安定のウッドハンドル!

BUCK(バック) 狩猟ナイフ バンガード Vanguard 192BRS 0192BRS-B
 

『 タヌキの脂肪下層くさい説については半信半疑でしたが、

東雲さんが全て正しかったです・・・!反省!』

 

・・・・圧倒的反省っ!!

これから始める人のための狩猟の教科書

これから始める人のための狩猟の教科書